妊娠・出産

産後の痛みがつらい…!産前の会陰マッサージで産後うつにつながる痛みを予防!

更新日:

出産の痛みというと、陣痛が取り上げられがち。

けれど出産の時だけでなく、実は産後もつらい痛みが待っているのです…

私は2人出産を経験していますが、陣痛の痛みは痛かったことは覚えていても、どんな感覚だったかは全く覚えていません

不思議なことに陣痛の痛みは忘れるのです。

けれど、産後の痛みは痛い、つらい感覚を今でも覚えています

2人目の出産のときは、その痛みを知っていたので対策できましたが、1人目は産後にこんな痛みがあることを知らなかったので、産後がとてもつらかった…

産後の痛みを知って、少しでも産後を楽にできるように準備しましょう。

 

スポンサーリンク

産後のつらい会陰の痛み

産後の痛みで私がもっともつらかったのは、会陰裂傷の痛みです。

私が選んだ産院は、会陰切開や剃毛をしない主義で、自然にできた傷の方が治りやすいという主義でした。

なので会陰マッサージも教えてもらいましたが、そこまで会陰の痛みを知らなかった私は「オイルを塗るだけでいいや」とマッサージはそこまで行いませんでした。

陣痛がきて、いざ出産の日…私の会陰は裂けました

息子が2498gと小さかったので、先生には「少しだけ裂けたね。縫っておきますね〜。」と軽く言われたので、他の人よりはましだったのかもしれませんが…

それまでの陣痛の痛みは全く覚えていないのに、息子が出てくるときに自分の会陰が裂けた痛みは今でも鮮明に覚えています。

そしてそのあと、会陰を縫われた痛みも忘れられません…

そこで会陰の痛みは終わらず、産後1ヶ月はずっと痛くてかなりつらかったです。

なので2人目を産むときも、あの痛みが再来するのか…と陣痛よりかなり怖かった。

けれど、2人目の産院の先生に、「初産でもしっかり会陰マッサージをしていればみんな裂けないよ!逆に2人目でもちゃんと会陰マッサージしてなかったら裂けるからね〜。毎日しっかりやるように。と言われ、「え!?会陰マッサージすれば裂けないんだ!」とかなり驚きました。

会陰マッサージは、ただ裂けるのを少なくするためだと思ってた…でも裂けずに済むなら頑張ろう!!と思い、毎晩お風呂で会陰マッサージを行いました。

【会陰マッサージのやり方はこちらを参照】

そして迎えた2人目の出産…!私の会陰は裂けませんでした!!!

助産師さんに、「会陰裂けないことあるんですね!」と出産後に言ったら、「ママ、だいぶ会陰マッサージ頑張ったんじゃない?しっかりしないと裂ける人多いですから。」と言われ、「頑張った効果があったんだ!」ととても嬉しかったことを覚えています。

さらに驚いたのは、産後の回復の速さ!

会陰の痛みがないので、歩くことも会陰裂傷があった時より3倍くらい速く歩けるし、痛みによるイライラやストレスがとにかく少なかったのです。

1人目の出産のときは、起き上がって授乳するだけでつらくて…円座クッションが近くにないとそれだけでかなりのストレス。

でも2人目のときは円座クッションがなくても痛くないので、かなりストレスが軽減されました。

1人目のときは会陰の痛みがつらくて、気分もうつっぽくなりがちでしたが、2人目は痛みがないので数倍心も軽かったです。

 

産後の痛みがつらい…!産前の会陰マッサージで産後うつにつながる痛みを予防!のまとめ

今回は、産後のつらい痛みと、その対策についてお話しました。

私が2人を出産した実体験から、会陰マッサージは効果があると自信を持っておすすめします!!

ただでさえ大変な産後から、「痛み」というストレスを取り除くためにぜひ会陰マッサージを頑張ってくださいね♫

スポンサーリンク



スポンサーリンク



LINE@始めました

小さなお子さんがいるママのダイレクトな声を聴きたくて、LINE@を始めることにしました♫

私からは、ブログの更新情報や、セミナーの先行予約情報、ききゆりかの独り言などを配信する予定です。

私自身、子供が産まれてから、仕事や家計のこと、子供の育て方などたーくさん悩みが出てきて、でも近くにすぐ聞ける人がいなくて、SNSやネットでの繋がりがとても貴重でした。

・こんなことで悩んでいます。
・こんなときどうしましたか?

など、あなたの今悩んでいることをメッセージしてくれたら、ブログ記事にして回答したり、悩みを解決するセミナーを企画したいと思っています。

ぜひおともだち追加してくださいね♡

Instagramとtwitterも始めました^^

Instagram: kiki.yulica
twitter: @kikiyulica

フォローしてもらえたら嬉しいです♡

  • この記事を書いた人
kikiyulica

kikiyulica

夫と2人のこども、トイプードルの4人と一匹暮らし。 子育てしながら在宅ワークでキャリアを継続。

-妊娠・出産

Copyright© 輝くママLifeのつくり方 , 2021 All Rights Reserved.